仙石みなみのCINEMA NOTE Vol.1 今回の映画は「怒り」アップアップガールズ(仮)2017.04.17

 

── 映画全体の中で印象に残ったキャストさんは誰ですか?

 

森山未來さんがすごかったです。森山さんってミステリアスなものからコメディっぽいものまでできるイメージがあったんですけど、このお芝居ではまさにそれが生かされていました。この映画では本当に森山さんのお芝居に騙されて、それが印象的だったんです。

 

170417_start_minami_img7

 

この人は絶対にいい人だし優しいひとだろうって思いながら見ていたら、最後のどんでん返しで彼が一番の凶悪犯だと判明して。

 

住んでいる島の壁に「怒り」って血で書いているような人だったのに、途中まではそんな怒りを抱えているようには見えていなかったので、見ている人も騙せる芝居っていうのはすごいなって思いました。

 

 

── 女性キャストで感情移入できるような人はいましたか?

 

広瀬すずちゃんがすごかったです。すずちゃんは10代なのに壮絶な経験をしてトラウマを抱えて生きる女の子を演じていたんですが、普段の明るい感じとは全く違う演技でびっくりしました。

 

傷を負って生きている暗い表情や悲しみがあふれてバッと泣き出すシーンや怒りを爆発させるシーン、どれをとっても壮絶で、李監督が追い込んで撮ったというのが浮かぶような絵でした。自分よりも年下なのにこんな表現ができるんだ! って感動しました。

 

アップアップガールズ(仮)の記事一覧を見る

アップアップガールズ(仮)の記事をもっと見る

ライフ記事をもっと見る

今、あなたにおすすめの記事