佐保明梨《アイドル文芸部(仮)》今回の1作 『ゴールデンスランバー』(伊坂幸太郎)アップアップガールズ(仮)2016.07.06

_KHR9024 (2)

 

GF新連載 佐保明梨《アイドル文芸部(仮)》

佐保明梨 21歳 趣味、読書。

年間の小説読破数が200冊にも及ぶ「超読書家」の佐保明梨。

「携帯持ってかないよりも、本持ってかない方が不安になる!」

と語る佐保の数ある読書歴から「オススメの本」とその読みどころを紹介する新コーナー

「アイドル文芸部仮)」です。

 

あかりの「空気は読まずに小説を読む!」

今回の1作

『ゴールデンスランバー』(伊坂幸太郎)

_HCF3247

 

作品紹介

 伊坂幸太郎によるハードボイルド作品。2008年本屋大賞、第21回山本周五郎賞受賞。映画化され、著者の集大成と評されることもあるなど、根強い人気を誇る。主人公・青柳雅春が首相暗殺の濡れ衣を着せられて逃亡する2日間の顛末を描く。警察やマスコミよりも強大な「組織」によって完全に犯人に仕立て上げられた青柳。一見勝ち目のなさそうな状況の中、青柳は巷を騒がせていた連続殺人鬼をも巻き込んで逃走劇を展開する。その頃、昔の彼女や大学時代の友人といった知人たちもまた、青柳を助けるために奔走していたのだった。一介の小市民たちが国家よりも力を持つ組織に果敢に挑んでいく様子が痛快でもあり、切なくもある。

 

_HCF3262

 

GF:ゴールデンスランバーの読みどころを教えてください。

 

佐保:普段の生活では考えられないようなすごい規模の権力に、

    国単位で犯人に仕立て上げられてしまって、

          たくさんのひとが自分を犯人として捕まえようとしてくる中でも、

          大切な友達だったり、家族だったり、信じてくれるひとたちがいるということに

          すごく温かみを感じました。

 

GF:この本は読んでみてまるでハリウッド映画みたいなところがありますよね。

       この中で、誰に頼るか、っていう選択はすごく大事なポイントだと思うんですけど、

       佐保さんがこの立場だったらまず誰に頼りますか。

 

佐保:えー、でもやっぱり、両親かな、って思います。

          この本の中でも、お父さんがすごくて、マスコミの人たちが来ても、

         カメラに向かって「頑張って逃げろよ」って言ったり。

       周りの人みんなを敵にまわしてもちゃんと味方になってくれてるから、

      やっぱり私もそういう立場になったら、親には信じてほしいなって思います。

 

GF:この小説を読むと人はいろんな人に支えられて生きているんだな、

  っていうのが伝わってきますよね。

 

佐保:そう! 意外な人が助けてくれて、例えばその場で会ったひととかが、

          すごい力を貸してくれたりとか。

          あとは街ですごく迷惑をかけていた連続殺人犯が味方になってくれたりとか、

          どこで誰に助けられるのかわからないんだな、って思いました。

 

GF:その連続殺人犯とかもすごいキャラが立ってる部分があって面白いですよね。

 

佐保:面白いです。わたしがもしこの立場になっちゃったら、人って信用できないって思ったりとか、

          人を信じられなくなっちゃったりすると思うんです。

          でも、この主人公はすぐに人を信じていて、心配になるくらいまっすぐで。

          人をこんなに信じるからこそ、周りの人たちがこんなに助けてくれるのかな、とも思いました。

 

_HCF3275

 

 

GF:その中で、一番印象的だった場面はどこですか。

 

佐保:花火。花火職人の人が、主人公が逃げようといろいろ画策して、

          でも失敗しちゃったときに主人公を逃がそうとして花火を打ち上げるんですね。

           まず、わざわざ花火をあげてくれた、っていうのが感動的だし、

          その絵を想像すると、すごくいい景色だなって思いました。

 

GF:映像が綺麗で、やっぱり映画にしたら映えるから映画化もされたと思うんですけど、

        もしリメイクとかされて、自分に映画化のオファーがあったらどの役をやりたいですか。

 

佐保:そうですねー。元彼女がずっと主人公をすごい信じてあげていて、

          最後まで信じ続けてるのが素敵だなって思って。

          私だったらもし、指名手配みたいなレベルで報道されちゃったら

          相手を信じられないと思うし、信じててもそういうそぶりを出せないと思うんですけど、

          でもちゃんと応援してあげてて、ずっと助けてあげてる様子をみて素敵だなと思ったんで

           そういう役とかをやりたいです。

 

GF:一番最後に、お父さんとかお母さんにしかわからないようなメッセージを

       主人公は送るじゃないですか。

 

佐保:そう、それ!

 

GF:それって東野圭吾の『秘密』とつながる感じもちょっとありますよね

 

佐保:そうですよね。なんか、エレベーターのボタンを、押す癖だけでハッ、と思わせてたりとか。

          そういう、2人だけにしかわからないけど、「応援してたよ、信じてるよ」とか

          メッセージを伝えられるのが、すごい素敵な終わり方だなって思いました。

 

 _HCF2237

≪今後の出演イベント≫

☆アップアップガールズ(仮)武道館単独公演決定!2016年118日(火)

☆アップアップガールズ(仮)主催対バンイベント 7 13 日渋谷 WWW18:30/19:00
Good Vibrations
大人げない大人たち vol.1 アップアップガールズ(仮)、THE イナズマ戦隊

Different Colors×GoodVibrations 6 30 日 東京都

下北沢 GARDEN

☆本格音楽女子祭 SPECIAL 3 マン LIVE 7 14 日 東京都 TSUTAYA O-EAST

Slide the City FES in Aomi 7 16 日 東京都 お台場 シンボルプロムナード公園

夢の広場・夢の大橋

Happy Jam 4 .Jul × TOKYO IDOL FESTIVAL 2016 ~Osaka Preview~ 大阪府 関西テレビ1F カンテレホール なんでもアリーナ

IDOL NEWSING LIVE 2 7 22 日 東京都 新宿 BLAZE ☆加賀温泉郷フェス2016 723日 石川県山代温泉瑠璃光

SEKIGAHARA IDOL WARS 2016 ~関ケ原唄姫合戦~
IDOL NATION ~CASE OF YOYOGI "16"~ 8 3
☆東京
STREET2016 85日 東京都 新宿LOFT
TOKYO IDOL FESTIVAL2016 8 5~7 日 東京都
☆泡フェス
SHIZUOKA2016 820日 静岡県 清水マリンパーク ☆@JAM×ナタリーEXPO 2016 9 24 25 日 千葉県 幕張メッセ 国際展示場 9~11

 

アップアップガールズ(仮)の記事一覧を見る

アップアップガールズ(仮)の記事をもっと見る

ライフ記事をもっと見る

今、あなたにおすすめの記事