特別企画!『菅谷梨沙子×AMO対談』vol.4 ~2人の「未来」~菅谷梨沙子2017.09.14

170824_taidan_img_2

 

――これから2人は

どういう風に

年を重ねていきたいですか?

 

菅谷:

この仕事に入ったのが

8歳なので、

20歳になっている自分も

想像できてはいなかったし、

23歳になるけれど

自分が想像する23歳とも

今は違うし。

 

世間的には

まだまだ子どもなのに、

もう28歳くらいになった

気持ちなんです。

でも、あんまり

背伸びしすぎず

232425って

歩んでいけたらいいな、

って思います。

 

この先自分が

どうなっているか

想像がつかないけれど、

20代のうちには

結婚したいし、

できるならば子供も欲しいし、

あまり気を張らず

そのままの自分で

年をとっていけたらいいな、

と思います。

 

AMO:

私はやっぱり

同世代の女の子たちにとって

身近なアイコンで

あり続けたいですね。

 

ライフスタイルを通して

共感と同時に刺激や、

新しい自分に出会える

きっかけとなるものを

与えられるような存在で

あり続けたいんです。

 

変に背伸びをしたり、

過去を振り返ったりせずに

その時その時の年齢の

楽しみを発信できる存在で

あり続けたいなという風に

思います。

123

菅谷梨沙子の記事一覧を見る

菅谷梨沙子の記事をもっと見る

ライフ記事をもっと見る

今、あなたにおすすめの記事