特別企画!『菅谷梨沙子×AMO対談』vol.3 ~2人の「変化」~菅谷梨沙子2017.09.12

 

170821_taidan_img_2

 

菅谷:

高校生のときに

初めてハイトーンを

やったりとか、

メイクの楽しさを

覚えちゃったりして、

いっぱいやればやるほど

楽しくなっていたんです。

 

周りからは

「そんなに濃くなくていいのに」

って言われると、

反発じゃないですけど

逆に

「やってやろう」

というくらいの感じに

なっていて。

 

曲に合わせて

髪色やメイクを変えるのは

すごく楽しかったけど、

やっぱり、私も

そのまま、やっていられないな、

とは思っているのもあったし、

そうやって。

いつでも気を張っている自分に

疲れちゃっている自分もいて、

そんなときに

活動停止が決まったんです。

 

そこからは

「別にそんなにやらなくていいか」

みたいになって、

髪色を落としたりとか、

ずっとやってた

つけまつげとかも外したり。

活動停止っていうのが

自分の中で一番大きかったから、

それをきっかけとして

今こうなっている。

 

だから、

もう一回活動再開します

ってなっても、

どこでどうすれば

いいのか分からなくなっちゃうと

思うので、

もう派手なことはやらないし

変わらないですね。

この自分で

定着しているので。

このまま年齢と共に

きっともっと

落ち着いてくると思います。

 

AMO:

やっぱり、

あのときの自分だったからこそ

似合う服装だったりしたので、

戻りたいとは思わなくても、

若さというか

ルールの無さみたいなものは

うらやましいと

思ったりしますね。

 

20代は20代で

違ったファッションの

楽しみ方があると思うんですけど、

10代の時の

爆発力みたいなのは

やっぱりあの時限り

だったなと思うので、

あの時のきらめきは

うらやましいです。

 

123

菅谷梨沙子の記事一覧を見る

菅谷梨沙子の記事をもっと見る

ライフ記事をもっと見る

今、あなたにおすすめの記事