特別企画!『菅谷梨沙子×AMO対談』vol.3 ~2人の「変化」~菅谷梨沙子2017.09.12

risako_amo_title

 

AMOちゃんと

菅谷梨沙子ちゃんの

2人の素顔を覗く

インタビューも

いよいよ3回目。

 

今回は、

2人の「変化」に

迫ってみました。

 

170821_taidan_img_1

 

―― 2人とも

ファッション、世界観の

変遷が時期によって

わりとはっきり

されているような気がします。

その変化の

きっかけとか

タイミング的なものとかって

ありますか?

 

AMO:

今思うと、結婚は

自分の中では

大きな分岐点だったと

思います。

10代の頃から

原宿系のファッション誌で

8年近くモデルをしていたのですが、

その間、ずっと

派手なファッションや、

ハイトーンの髪色、

お化粧だったりが

自分の

アイデンティティに

なっていたんです。

 

そういう風に

自分の個性だとか

世界観というものを

全身にまとって

主張することで

自分を認めて

もらえている気がしたし、

そうすることで

みんなが知っている、

みんなが求めている

AMOちゃんで

いられたんですよね。

 

でも、ずっとこのままでは

いられないなっていうのが

心のどこかにはあって。

結婚というきっかけで

新たな人生の岐路に

立った時に

「これからはもっと

自然な形で

等身大な自分で

年齢を重ねていきたい」

っていう気持ちが、

強くなったことに

気が付いたんです。

 

そこからはだんだんと、

本当に徐々にでは

あったんですけど、

髪色が少し

トーンダウンしていったり、

メイクも引き算をして

ナチュラルになっていったりとか、

ファッションやライフスタイルも

変化していきました。

 

123

菅谷梨沙子の記事一覧を見る

菅谷梨沙子の記事をもっと見る

ライフ記事をもっと見る

今、あなたにおすすめの記事