仙石みなみのCINEMA NOTE Vol.7 今回の映画は「本能寺ホテル」アップアップガールズ(仮)2017.06.13

170419_minami_title7

 

アップアップガールズ(仮)、燃えるレッドの侍GIRL、仙石みなみ。

知る人ぞ知るシネマニアの彼女は、劇場・DVDを問わず1か月に10作品以上の映画を見ているんです。

 

00522sengoku

 

そんな彼女が、作品ごとに「ストーリーの見どころ、キャストの演技、感想…etc」を書き留めた「シネマノート」

その「シネマノート」を紐解き、仙石みなみの映画評に耳を傾け、作品の新たな魅力を発見するコーナー!

それではお楽しみください♡

 

第7作「本能寺ホテル」

 

★作品紹介

婚約者の両親に挨拶をするため京都を訪れたOL・倉本繭子。彼女は京都で路地裏の本能寺ホテルへと導かれる。そのエレベーターに繭子が乗ると、鳴らないはずのオルゴールが鳴りはじめ、気が付けば1582年の本能寺へと到着していた。その場にいたのは織田信長や森蘭丸。突然のことに驚く繭子であったが彼女は信長と不思議な親交を結び始める。しかし、繭子はその日が「本能寺の変」の前日であると気が付く。

 

「本能寺ホテル」公式サイト

 http://honnoji-hotel.com/

 

アップアップガールズ(仮)の記事一覧を見る

アップアップガールズ(仮)の記事をもっと見る

ライフ記事をもっと見る

今、あなたにおすすめの記事