あなたの性格や考え方のクセが丸わかり!? 奥深い頭脳線と生命線の世界【島田秀平大妻女子大学講義⑰】占い2017.01.01

 

 

島田秀平さんの女子大学講座⑰、今回は頭脳線と生命線に関してです。

この2本といえばどちらも生きていく上で重要な位置を占める線ですよね。

島田さんの講義でばっちりその見方を習得してしまいましょう!

 

_HCF0218

 

まずは、頭脳線について。

頭脳線とは感情線と生命線の間にある線のこと。

頭脳線が短いと頭が悪く、頭脳線が長いと頭が良い、などという噂がよくありますが実はこれは誤り。

 

実は、頭脳線は頭の善し悪しを示しているのではなく、その人の考える時間を示しているんだそう。

つまり、頭脳線が人より短い人は直感型の人間で、頭脳線が長い人は熟考型の人間ということ。

頭脳線が短い芸能人といえば具志堅用高さんやガッツ石松さん、鈴木奈々さんなどが挙げられるそうで、ちょっとおっちょこちょいというデメリットも。

一方で頭脳線の長い熟考型タイプの人は、考えすぎてしまうという欠点があるようです。

 

また、頭脳線においては長さだけではなくどの方向に伸びているのかも重要なんだとか。

 

頭脳線の伸び方には、真っ直ぐ横に伸びるタイプと少し下がるタイプ、そして頭脳線がさらに下の方に急勾配をえがくタイプという3種類の伸び方のタイプがあるんだそう。

 

真っ直ぐ横に伸びるタイプの頭脳線の持ち主は、データや理論を重視する理系型人間。

 

そして、少し下がるタイプの人は感情を優先する文系型人間といえるんだとか。

 

さらに文系型人間タイプの頭脳線よりも極端に下に伸びる頭脳線の持ち主は、芸術家肌なんだそう!

自分のことが大好きな一方で打たれ弱いという面があるので、もし頭脳線が芸術家型タイプの友人がいたら、優しく誉めてあげると良好な人間関係が築けるかもしれません。

_HCF0239

 

次に説明するのは生命線。

生命線が長いと長生きで生命線が短いと早死などという噂を耳にしたことがあるかもしれませんが、実はこれも誤り!

 

生命線で重要なのは線の長さではなくカーブの度合いなんだそう。

まず、生命線を見るときには、人差し指と中指の中間からまっすぐ下に線を下ろしてみましょう。

その線よりも中指側で生命線のカーブが強ければ強いほど身体が丈夫という印だと言われているようです。

 

また、その生命線の内側にもう一本生命線があるという人もたまにいるんだとか。

 

これは二重生命線といって人より2倍身体と運が強いということ。

生命線が2本あることで病気や怪我をしても復活できるんだそうです。

 

芸能人では、黒柳徹子さんや歌丸師匠がなんと三重生命線を持っているんだとか!

さらに、レスリングの吉田沙保里選手に至っては四重生命線を持っているそうです。彼女の強さが手相にも表れている気がしますね。

 

また、よくあるのが生命線の先が枝分かれしているパターン。

これは旅行線といって、旅行に行くと運が開けたり、親元を離れて仕事をしたり生活をするという暗示なんだそう。

この線を持っている人は、家にこもるのではなく積極的に外に出て行くことが吉です。

_HCF0224

 

奥深い手相の世界。

手相は、自分のことを客観的に知らせてくれる1つの指標です。

手相で自分の姿を客観的に知り、自分でも気づいていなかった才能や良さを伸ばしてみてはいかがでしょうか。

きっと手相で自分の状態を知ることは自信を持つための手助けにもなりうるはずです。

 

 

占い記事をもっと見る

今、あなたにおすすめの記事