感情線を見るだけで自分の恋愛傾向が丸裸に!? 感情線を見るときの7つのコツ 【島田秀平大妻女子大学講義⑯】占い2016.12.30

 

島田秀平さんの大妻女子大学講義、今回は感情線についてです。

感情線とは、小指の下から横向きに人差し指の方面に向かって伸びるくっきりとした線のこと。

人の性格について示し、この線を見るだけでその人の恋愛の傾向が丸わかりなんだとか!

 

今回は、感情線の特徴ごとに恋愛傾向を明らかにしちゃいます。

 

_HCF0252


①感情線が短い場合:感情線の長さの標準は人差し指と中指の間くらいまで。
それよりも短い場合は「感情の短い人」と言えるんだとか。
怒りっぽい傾向があったり切り替えが上手な人であることを示しています。
恋愛に関しては、熱しやすく、好きになったら一直線。
その一方で、切り替えが上手いので急に恋人に振られた場合にも次の恋愛にさっさと目を向けられるのが特徴。

 

②感情線が長い場合:①とは逆に感情線が長い場合は「感情の長い人」と言え、おっとりさんの証拠。
恋愛に関しては億手で慎重派、熱しづらいけれども一度好きになったらなかなか冷めません。
感情の量が多いので、嫉妬深く、急に恋人に振られた場合もなかなか切り替えられず、引きずってしまうことが多いんだそう。

 

③感情線が急に上がる場合:恋に燃え上がりやすいロマンチストはこの線の傾向を持つんだそう。
お姫様扱いされることを望み、記念日などを重視します。

 

④感情線が下がる場合:これは、「恋愛後回し線」と言われます。
恋愛よりも趣味や仕事を重視したい人に現れる線で、特に男性に多い傾向があるんだとか。
気になる人の感情線が下がってないか要チェックですね。

 

⑤感情線が枝分かれしている場合:思いやりに溢れサービス精神が旺盛な証拠。
気遣いができ、人間関係で重宝されることでしょう。


⑥感情線が3つに枝分かれしている場合:「あげまん線」とも言え、男性にとって幸運の女神になれる証。

 

⑦感情線から下向きに細かい線が出ている場合:これは日本人に多い線。
周りの目を何かと気にしてしまったり、心配性の人に出る線なんだとか。

 

_HCF0180

 

 

以上、7つの感情線の特徴をご紹介しました。


実は、自分の感情線と似た形の感情線を持つ人と付き合うとうまくいく傾向があるんだそう。

気になる相手の感情線をチェックし、その人の恋愛観に合わせて距離の詰め方を考えてみると恋愛が成功するかもしれませんね♡

占い記事をもっと見る

今、あなたにおすすめの記事