数字が教えてくれるあなたの一年間! 「9年」で回る人生の周期に注目!【島田秀平大妻女子大学講義⑫】占い2016.11.08


島田さんの講義で何度も扱われてきた数秘術。
実は、数秘術はソウルメイトを教えてくれるだけでなく、ある人にとってある一年間がどのような意味を持つのかを教えてくれる役割も持っています。


その際に必要なのがちょっとした計算。
占いたい年の西暦と自分の誕生日の数を組み合わせ、それを一桁になるまで計算すればいいのです。
例えば、11月24日生まれの人が2025年の運勢を占いたかったとしましょう。
そのときは、1+1+2+4+2+0+2+5の計算をします。
そうすると16。さらに一桁になるまで計算をするので、1+6で7。
11月24日生まれの人の2025年は7の年となります。
この数は9を周期に回るので、人々の運勢は9年周期で巡っていることも分かりますね。


さっそく、それぞれの1~9までの数を持つ年がどのような意味を持っているのか見てみましょう。

_HCF0183


1の年:スタートの年

ここから新しい人生が始まっていきますよ、という意味を持つとてもいい年。
自分の武器やテーマを見つけられるよう、いろんなことに挑戦するのが大事なんだとか。


2の年:人脈づくりの年

この年は、1のときに始めたものに協力者が現れてくる年なんだそう。
仕事に限らず、恋愛でもいい出会いが多いことが特徴。
2と3の年は実はモテ期の年で色々な人に出会えるので、刺激を受けた人とはしっかり連絡を取り合うことが大事なんだとか。
でも、新しい人脈ばかりに注目して元からの人脈をなおざりにしてはいけませんよ!


3の年:目いっぱい楽しむための年

ご褒美のための年とも言われるのが3の年。
自分がわくわくすることに身を委ねるのが吉。
考えすぎないことがキーなんだとか。


4の年:基礎固めの年

自分の足場を固めるための年。
新しいことを無理に始めるのではなく、自分のできることをもう一度勉強し直すといいんだそう。
基礎固めということで、引っ越しや家を建てたりすることに向いた年でもあるんだとか。


5の年:転機、チャレンジの年

自分が今までやったことがないことにもチャレンジしてみるといい年。
4の年とは一転、挑戦してみるのが肝。


6の年:自己犠牲の年

頼まれごとが多いかもしれない年。
自分のためにならないと思えるようなことがあっても引き受けてみると8の年にその恩が返ってくると言われているんだそう。
すぐに見返りがないとなんだかイライラしてしまうかもしれませんが、それをグッとこらえて自分の欠点を見つけるといいんだとか。


7の年:自己投資の年

6の年の時に気付いた自分の欠点を踏まえて勉強をし直すといい年。
勉強したことが最も身につく年なんだそう。
ここで勉強を頑張っておくとさらに8の年に報われるんだとか!


8の年:報われる年

前の7年分のことが報われる年。
ありのままで自然体に過ごすことが一番大事。


9の年:けじめと集大成の年

次の周期に向かって自分と合っていないものと決別するべき年。
男女間の不適切な関係もこの年に生産しておくと吉。
さらに、いままでやってきたことが形にしていくのもこの年であると言われているそう。




_HCF0165


人生って9年周期で回っているんですね!
このリズムを自分のものにすればもっといい人生が開けてくるかもしれません。

占い記事をもっと見る

今、あなたにおすすめの記事