手相で重要なのは線だけじゃない! 知られざる本当の手相学の世界 【島田秀平大妻女子大学講義⑥】占い2016.09.28

 

 

島田さんと言えば「手相」!

いよいよ、今回は島田さんが手相の初歩の初歩を教えてくれます。

 

 

 

まずは、手相を見るときに左右どちらの手を見るかという問題。

自分の左右の手をじっと見つめてみれば、手相がアシンメトリーなことに気付くはず。

右手は生まれ持った才能、左手は現在の自分を示しているために左右が違った手相になっているんだそう。

 

もし、右手の手相の方が左手の手相よりも際立っていい場合、それは自分の状況が潜在的に持っているはずの才能に追いついていないということ。

自分のポテンシャルをもっと信じてみましょう。

 

 

さらに、手相とはただ単に手のひらの線だけを見ればいいというものではありません。線を見る前にチェックすべき5つのポイントがあるのです。

 

 

_HCF0193

 

 

 

①    手の広げ方

 

手を見せて、と言われて人が手を見せる方法はさまざま。この手の見せ方からもう手相占いは始まっているんだとか。

まず、躊躇なくしっかりと相手に手を向ける人。この人はいまの自分に自信があり元気な人です。

一方で、少し閉じ気味におずおずと手を差し出す人は、繊細であったり、今の状況に自信が持てず、悩んでいる人。

しっかりと話をきいてあげてください。

 

また、内側の指二本、すなわち薬指と中指が近づいているもしくはくっついている状態で手を差し出すパターンの人もいます。

このパターンはひどく疲れている人にありがちなパターン。

その理由は、薬指と中指の神経は繋がっているから。

ひどく疲れた人にとってはその指を離すことさえも億劫になってしまっているんだそうです。

 

 

②    手の厚さ

 

手が肉厚な人は、パワフルで独立独歩型の人なんだそう。エネルギーに満ち溢れていますが、他人への気遣いを忘れがち。

 

手の平が薄い人は二番手の立ち位置で活躍できる人です。

繊細で人の気持ちをよく汲むことができるという利点があります。

その反面、人の気持ちを考えすぎて自分を押し殺してしまうことも……。

 

 

③    指の長さ

 

指の長さに関しては人差し指と薬指を比較し、どちらがより長いかに着目します。

 

人差し指の方が長い人は女性脳の持ち主なんだそう。理屈や理論よりも感情を優先し、ロマンチストです。

 

一方、薬指の方が長い人は男性脳の持ち主。競争心が強く、理屈を重視します。なんでも一人でやり遂げようとする傾向があるので無理は禁物。

 

 

④    線の濃さ

 

手相学においては、線の濃さも大事なポイント。

実は、手相の線が薄いということは自分の進むべき道がよくわかっていない証拠。

だから、若い人は手相の線が薄い人が多いと言われているんだそう。

でも、逆に考えると線が薄いということは、何にでもなれるという無限の可能性を示しているのです。

一方の線が濃い人は、自分の進むべき道をしっかりと確定した人。

若くても線がしっかりとした人が周りにいたら、若いのに自分の道を歩んでいるということなので尊敬してしまいますね。

 

 

⑤    線の多さ

 

手相の線の多さは心のアンテナの多さともいわれるそう。

要するに、線が多いことは感受性が豊かな証拠。

しかし、繊細なあまりに多くを受け止めすぎてしまうことも。

一方で、線が少ない人は、シンプルに考えることができるということ。切り替えがはやいという利点を持っているので存分にその能力を発揮することが大事!

 

 

_HCF0183

 

 

手相というのはただ線を見ればいいというものではないのですね。

この講義を追っているうちにあなたも手相が見れるようになれちゃうかも!?

引き続き配信をお楽しみに!

占い記事をもっと見る

今、あなたにおすすめの記事